読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢に囚われる

年齢という文化に囚われていると最近感じた。

 

そもそも、年齢による差というのは生まれてから現在までの時間の差である。

 

その年齢の差を重視するのは学校の学年、大半の日本の職場で上司部下の関係性がある時であるが、学校の学年制という文化が自らに学年で差があって当然という解釈を生んでいると閃き、そのことによって自分の成長を会社の成長をストップさせているのでるないかと思った。